白さを極める施術とは・美白に効果的な取り組み

婦人

病院で出来るシミ対策

カウンセリング

シミの元を消滅する方法

シミ1つない色白肌は女性の憧れですね。シミの原因であるメラニン対策は美白タイプのスキンケアを使用する事が多いですが、メラニンは目に見えないので本当に効果があるのか不安ですよね。もっと手軽に短時間で美白に効くものがあると嬉しいと思いませんか。実は美容整形にあるのです。美容整形といえば「メスを使う」「怖い」というイメージがありますが、今回紹介する美容整形はメスは使わないし、まったく怖くありません。そんな美容整形はレーザー美白です。レーザー美白はレーザーを使用しシミの元であるメラニンを減らす方法です。将来的に出来るはずだったシミの元も、出来てしまった薄いシミにも効果があります。美白だけではなくシワや毛穴といった肌の悩み全般に効果がある施術方法と言えます。人気の理由はやはりメスを使わない手軽な美容整形だからでしょう。メスを使わないため、麻酔も要りませんし、施術時間も15分程度で終わり、痛みもありません。施術直後の入浴・メイク・洗顔も大丈夫なので、仕事をしている方でも問題なく受けられます。美容整形ではありますが、レーザー治療なので施術後のダウンタイムがないのは嬉しいですよね。美容整形は怖いイメージがありますが、このような怖くなく、リスクや副作用がない施術方法もあるのです。

体も色白になりたい人には

顔だけではなく、全身美白をしたい方にオススメなのが美白点滴です。美白点滴はレーザー治療よりも手軽な、点滴をするだけで美白効果が感じられる方法です。顔にレーザーを当てる方法とは違い、血管に直接美白効果のある成分を注入し全身に行き渡らせることで、顔だけではなく体までも美白することができます。血管に直接注入するので、サプリメントやドリンクよりも効果を実感することができます。効果はレーザー治療と同じメラニンを減少させシミを出来づらい肌に、さらに出来てしまったシミやそばかすを薄くしてくれます。もし効果をより高めたい方は、月に1回美白点滴を打つことを続けることをオススメします。美白点滴も術後の腫れや痛みといったダウンタイムがない手軽で安全な施術方法です。ただプラセンタが点滴の中に入っている場合は献血ができなくなります。そのため献血する予定のある方や、予定はないけど献血したい方はレーザー治療にするか、プラセンタを抜いて美白点滴をしてもらいましょう。それとビタミンCが肝臓の負担になるため、肝機能が低下している方にも美白点滴はオススメできません。体調が悪い方や持病がある方は医師に確認した上で施術を受けることが大切です。